富士山の名水を使った自慢のお酒。是非、なだや株式会社でお求めください!

富士山ウィスキー

おススメのウィスキー

ふるさと納税洋酒部門1位

富士吉田市内の海抜1000mの森林地帯。
その地下160mから汲み上げた富士山特有の玄武岩層が重なる地層で長い年月をかけて磨かれた天然水で割水して仕上げています。
夜空に星が輝き、月が微笑む大人の時間・・・。
香り高く、味わい豊かな富士山ウィスキーであなただけの物語をお楽しみください。

ウィスキー一覧

富士山ウィスキー

かすかな樽香があり、まろやかで飲みやすく食事との相性が良いウィスキーに仕上がっています。
アルコール度数 40度 700ml
原材料:モルト、グレーン

富士山ウィスキー

かすかな樽香があり、まろやかで飲みやすく食事との相性が良いウィスキーに仕上がっています。
アルコール度数 40度 700ml
原材料:モルト、グレーン

おススメの飲み方

ウィスキーはハイボールだけでなくロック・水割りやひと手間加えた飲み方まで、おすすめの飲み方を紹介します。
ウィスキーは飲み方によって、とても奥が深いものになります。富士山ウィスキーのおいしい飲み方を知って、お客様のライフスタイルにあわせて楽しみください。

ロック

ロック

ウィスキーそのものの味わいを楽しめるのがロックです。
はじめはストレートのような強い素材の味わいを、時間が経つにつれて水割りのようなやさしい味わいに変化しお楽しみにいただけます。

ロックのおいしい作り方
ポイント1

グラスを冷やしておく。

ポイント2

大きめの氷をグラスに入れる。

ポイント3

氷にかけるようにしてウイスキーを注ぎ、そっとマドラーなどで軽くまぜます。

水割り

水割り

やわらかな味わいが楽しめるのが水割りです。
氷を入れたグラスに注ぎ、水をお好みの濃さになるまで加えます。
割合により、飲み口も大きく変わります。ぜひいろいろな割合でお試しください。

水割りのおいしい作り方
ポイント1

冷やしたグラスに大きめの氷を入れます。

ポイント2

氷にかけるようにそっとウィスキーを先に注ぎ、よく混ぜて冷やします。

ポイント3

次に水をお好みの濃さになるまで加えます。

ハイボール

ハイボール

よく冷えたハイボールはウィスキー本来の味わいとコクが際立ちます。
料理の味わいも引き立てる飲み方です。

ハイボールのおいしい作り方
ポイント1

冷やしたグラスに大きめの氷を入れます。

ポイント2

氷にかけるようにそっとウィスキーを先に注ぎ、よく混ぜて冷やします。

ポイント3

次にソーダをお好みの濃さになるまで加えます。