富士山の名水を使った自慢のお酒。是非、なだや株式会社でお求めください!

ノンアルコール

おススメの商品

富士山から湧き出る天然水で仕込んだ地域限定のノンアルコールのジュースです。

ノンアルコール一覧

富士山サイダー

名水「富士山萬年水」をベースに、富士山をイメージして作ったご当地サイダーです。天然水の素材を活かすため、甘みを抑えてスッキリとしたのどごしを追求しました。
2012年モンドセレクション金賞受賞しました。

富士山頂上コーラー

雄大な富士を覆う美しい雪をイメージしたホワイトコーラです。数十年から100年もかけて浸透し磨き抜かれた富士山の天然水仕込み。富士山頂の澄んだ空気を思わせるようなスッと澄み渡る透明感のある味に仕上げました。

富士山ゆずサイダー

爽やかなのどごし、すっきりとした後味、和の香りに包まれた贅沢なご当地サイダーに仕上がりました。また、夕日に照らされて黄色に輝く富士山は「黄富士」と呼ばれ金運を高めるといわれています。縁起の良い黄富士をイメージしたラベルを採用いたしました。

富士山ラムネ

日本一大きなラムネ!なんと410ml
元祖ビー玉ラムネが200mlなので容量は2倍! モンドセレクションで最高金賞を受賞している富士山の天然水富士山萬年水を使用。 昔から愛され続けられています。
2016年モンドセレクション金賞受賞しました。

富士山ぶどうジュース(赤・白)

合成保存料・着色料を使用せず、加糖もしていないので、ぶどうそのままの美味しさを瓶詰しました。
2015年モンドセクション金賞受賞しました。

富士山麓の天然水

富士山のすばらしさを感じてもらえるようなお土産として開発しました。富士山をモチーフにしたペットボトルを使用し、富士山の伏流水を詰めました。底には隠れ富士山が現れるという仕掛け付きです。

おススメの飲み方

美味しく飲む適切な温度

美味しく飲む適切な温度

ノンアルコールで味に大きく影響するのが温度です。どんなに美味しい飲み物でも、温度が適切でないと美味しさが半減してしまうこともあります。
特に炭酸の入っている飲み物は温度が高くなるにつれ、炭酸が抜けてしまいます。
また、温度が低すぎると炭酸が強く感じられることもあるので、温度は重要といえます。
炭酸の入っていないものは12~15℃を目安に、炭酸の入ってるものは14~17℃くらいに冷やすと良いでしょう。

おススメのグラス

おススメのグラス

水は容器(ペットボトル)から直接飲むのではなく、グラスに移して飲むことをお勧めします。
特にペットボトルに入っているものは、グラスに入れ替えて飲むだけで味はぐんとアップします。
入れるグラスですが、炭酸飲料は脚のついているワイングラスがお勧めです。手の温度が直接伝わらないので、すぐにぬるくなることもありません。
また炭酸の入っていないものは、口の開いた薄いグラスがお勧めです。